coum

Career

Career Career

自らの意志と情熱で、
チームとクライアントの発展に貢献する

Coumでは従来の業界・テーマごとに役割が定められたピラミッド型ではなく、
所属部門をなくしたチーム経営型の組織体系を取り入れています。
個人が最大限力を発揮してチームとクライアントへ貢献できるような組織づくりを目指しています。

組織図比較 組織図比較
  • ポイント1チーム経営型
    チームごとに世の中のニーズを捉えて目指すべき方向を定め、サービスの企画から提供までを自分たちで行います。管理と意思決定の規模を小さくすることで、柔軟性とスピード感をもって取り組むことができます。
  • ポイント2権限委譲
    サービス企画、採用・育成を含めたメンバーの決定、収支管理まですべてチームに委ねられています。プロジェクトマネジャーが提案も行うセールスとデリバリーの一体化によりマネジャークラスから営業活動に参加します。自ら業界・テーマを設定し、営業ができます。
  • ポイント3貢献実感
    与えられた数値目標ではなく自分たちで目標設定を行うことで、判断にも責任が伴い、仕事への熱意やモチベーションにつながります。チーム経営を通じて、自身の貢献がチーム・組織の成果につながることをダイレクトに感じられます。

コミュニケーション施策

コラボレーションにより新しい価値の創出を目指すCoumにとって、コミュニケーションは重要な要素です。
情報をオープンにし、互いを理解し信頼関係を醸成することで、チーム活動の効果がより大きくなります。

more

Management Meeting
メンバー全員が経営視点を持ち、自ら考え能動的に動くことを推奨しているため、Coumでは経営数値や意思決定プロセスなどあらゆる情報を常にオープンにしています。
Coum Monthly Updates
チームごとに、1ヵ月の振り返りと先1ヵ月の計画を共有します。毎回テーマを設定し、経験や知識を共有することでお互いに学び、個人が成長し、結果として組織が成長することを目指します。
Weekly FIKA(フィーカ)
一度作業を中断して、お茶や軽食を取りながら社員同士会話を楽しむ時間です。社員同士の意思疎通の促進や自由に意見を言える雰囲気づくりに効果的です。
Biweekly 1on1
コミュニケーションの活性化と生産性の向上を目的に、日々感じていることを上司と部下が話し合います。関係性構築のために雑談をする場合もあります。
Half-year Retreat
普段とは違う環境で自分自身に向き合い、心をリセットして、明日からの活力を得る場を定期的に設けています。非日常を通してお互いに対する理解も深まります。
Quarterly Feedback
個人の目標設定と振り返りを3ヵ月ごとに実施することで、メンバー同士お互いの期待値や、課題解決に向けた改善をこまめに確認しています。成長機会の創出にも役立ちます。

社内制度

プロフェッショナルとして高いパフォーマンスを出し続けるためには、
プロジェクトでのアウトプットだけでなく、質が高く幅の広いインプットを継続して行うことが必要です。
Coumでは人材が最重要だと位置付けており、今後も制度を強化していきます。

more

MBA講義受講
ビジネスアナリティクスやマーケティング・経営戦略など外部講座の受講料を半期に1科目を目安に全額補助します。
ガジェット・書籍購入
月1万円まで、ビジネス関連の新サービスの利用やグッズ、そして自己啓発の書籍など費用を補助します。
国内・海外視察
国内外のカンファレンスへの参加や海外視察など、実際に現地に足を運び、自ら情報に触れることを推奨しています。

採用応募